端末は?アプリなの??どんな種類があるのでしょうか

電子書籍を読むためだけの端末が存在する

電子書籍を読む端末にはどのような種類があるのでしょうか。まず、専用端末と呼ばれるものが存在します。専用端末は基本的に電子書籍を読むためだけの端末でタブレット型になっていますが、ハイスペックの機種になるとアプリをインストールして一般的なタブレットとしても使えることもあります。
専用端末の特徴として挙げられるのは、画面の表示方法が特殊であることでしょう。電力をほとんど使わない電子ペーパーという技術が使われており、長時間、充電しなくても電子書籍を読めるようになっています。
また、インターネットに接続できる機能が備わっていて、専用端末の発売元が運営している電子書籍ストアから電子書籍ファイルをダウンロードできるようになっています。

スマートフォンやパソコンでも読むことができる

一般的なスマートフォンやタブレットも、電子書籍を読む端末として使えます。その場合は、専用のアプリをインストールし、あらかじめ登録済みのIDとパスワードで電子書籍ストアにアクセスするか、あるいはアプリから会員登録を行うということになりますが、基本的な使い勝手は専用端末とほとんど変わりません。
パソコンで読むことも可能ですが、パソコンの場合は専用のソフトウェアをインストールするか、もしくはブラウザを使って表示するかのどちらかということになります。基本的にもっとも大きな画面で読むことができる方法で、見開き表示にも対応しており、専用端末やスマホで読むと目が疲れるという人に合っている端末といえるでしょう。