電子書籍ってどういうもの?

電子書籍はどうやって利用するの?

近年、電子書籍の普及が進んできていますね。利用したことがない方にとっては「電子書籍は何が魅力なの?」と疑問に思うかもしれません。
電子書籍は、漫画や雑誌、小説など本の内容をデジタルデータ化したもので、電子端末を使って読む商品です。電子端末というと新しい機器が必要だと思われるかもしれませんが、普段使っているスマホやタブレット、パソコンで電子書籍の利用が可能です。欲しい書籍のデータを購入し、電子端末に専用アプリをダウンロードすれば、すぐに読むことができます。
書籍のデータを買う場所は、書店ではなく、インターネット上の電子書籍販売サイトになります。電子書籍のデータを端末にダウンロードしておけば、ネット環境のない場所にいても電子書籍を閲覧できるの便利です。

電子書籍のメリットは?

紙の本ではなく電子書籍を利用する人が増えているのはなぜなのでしょうか。
まず大きな特徴として、電子書籍はデータなのでかさばらないという点がメリットとして挙げられます。部屋に積まれがちな紙の本とは違い、電子書籍なら保管スペースは必要ありません。また、外出先で読書をするにしても、電子書籍はスマホやタブレットがあれば読めるので、重い本を持ち運ばなくてもいいんです。
他にもメリットとして、電子書籍は紙の本より少し安く買うことが可能です。紙の本の価格は日本全国同じで、古書でない限り安く買うことはできません。しかし電子書籍は、材料費、印刷費、流通費がかからないため、紙の本より若干安い価格で買えます。しかも、販売サイトによっては割引クーポンが発行されたり、ポイントを使って購入したりすることで、さらに安く買うことができます。
このように、電子書籍は手軽に扱えるのが魅力だと言えるでしょう。